マイカーローンで車を購入するなら

車は現金一括で買えれば理想なのは言うまでもありませんが、決して安い買い物ではないためになかなか一括でポンを買えるものではありません。手元にお金があるとしても貯蓄は切り崩したくないなどの理由で一括での購入は躊躇う方もいるほどで、車は一括よりもローンで買うほうが一般的とも言えます。

 

 

ローンで車を買うとなるとディーラーで組むか、または金融機関のマイカーローンを使うのが基本です。カードローンやフリーローンでも車の購入には使えますが、金利が高いために向かないのが実情です。

 

やはり現金一括以外の選択肢となるとマイカーローンの利用となりますので、ローンを組む際の注意点やポイントを見ておきましょう。

 

現金一括払い以外の選択肢もあり

引っ越しをしてマイカー通勤が必須になった、子供が生まれて移動に車が必須になった、などの理由で車の購入を検討する人も多いでしょう。そこで問題になってくるのは車の購入用のお金です。前々から貯金を積み重ねていればOKですが、そこまで計画的な人も多くないでしょう。

 

そんなときはマイカーローンが役立ちます。マイカーローンというのは車専用のローンのことで、車を買うためのお金をまるごと貸してくれます。返済を安定して続けられるだけの収入があるなら、今現在、車購入資金がゼロ円でも利用できます。

 

ただマイカーローンを使うときにはどこから借りるのかをよく考えましょう。昔はマイカーローンといえば車販売会社と協力関係にある信販会社やクレジット会社から借りるのが普通でした。しかし今は選択肢の多様化が進み、銀行や労働金庫、信用金庫、JA、自分の会社などからも借りられるようになっています。

 

またマイカーローンのサービス内容も多様化、細分化が進んでいます。新車だけでなく中古の車にも適用可能なこともありますし、車本体以外にも教習所に通って免許を習得するための費用や、カーナビゲーションシステムなど各種付属品、その他の様々なの費用に利用できるものもあります。自分の目的に合致するものを選ぶようにしましょう。

 

幅広く使える便利なマイカーローン

金融機関のマイカーローンは新車だけでなく、中古車購入時にも便利です。一部の販売店のローンのように中古車だからと金利が高くなることもありませんので、低金利で中古車ローンを組みたいと考えるのであれば、借りる前に中古車マイカーローンの利点をしっかりと調べておくと良いです。

 

車をローン購入するのは損か得か

様々な金融機関やディーラーがマイカーローンを提供していますから、車を買うのならマイカーローンを利用する人が多いでしょう。しかし、借金には金利がつきものです。どれだけ金利の低いマイカーローンを選んでも、数年間の返済が終わるころには多大な利息をとられています。後悔せずに済むように自分が車を購入する理由を明確化しておきましょう。

 

まず、車を購入することで利息以上の金銭的な利益が出るのなら購入をためらう理由はないでしょう。例えば、仕事用に車を購入することで、より営業をかけられる範囲が広がったり、販売規模を拡大できたりするのならOKです。

 

また、金銭的な利益が生じるわけではなくとも、時間損失を抑えられるのなら、車を購入するのもありでしょう。例えば、車以外の移動手段だと毎日1時間かかっていたのが、車があれば30分で済むとしましょう。すると、1ヶ月で15時間の節約です。時給2000円換算で考えれば、月3万円の利益が出ているようなものです。年36万円になりますから利息を余裕で上回ります。

 

もしも、車を購入しても時間が節約できるわけでも、金銭的な利益が出るわけでもないなら、車を購入しない、あるいはマイカーローンは使わずに現金で買えるようにお金を貯めるのがいいでしょう。かかる利息と得られる利益を見比べるのが大切です。

 

必ずしも損とはいえないローン

ローンを組んで車は買うのは、決して損をするとは言い切れません。ディーラーで組むローンの場合には、それぞれの販売店や担当者ごとの目標もあるため、ローン契約をすることによって値引きやオプションのサービスなどが受けられる場合もあります。

 

車種によっても分かれますが、比較的高い金額となるアルファードのローンの場合でも、特別金利や各種サービスが受けられる可能性があるのです。